「一人ひとりを大切に笑顔あふれる施設を目指します」を理念とし、大阪市内で保育所や学童保育を運営しています。

食育について

食育について

「食」という字は、「人」に「良い」と書きます。「食育」とは、人を良くし、そしてそれを育むことと考えています。

「食」を通じ、子どもの健全育成を図っています。

 松通東保育所の食育の取組図

給食について

地域の信頼できる業者から納品してもらい、安全性を考慮する努力を図りながら、

「季節の物をなるべく摂るようにする」

「冷凍食品は使わない」

「添加物、発色剤、保存料の多い食品は使わない。」

をモットーに、栄養士・調理師・保育士が相談しながら献立を決めています。

出汁は、かつお・こんぶ・出汁じゃこを使うので、朝から食欲がそそられます。また子どもたちが育てた野菜も随時取り入れています。

おやつについて

朝のおやつは、咀嚼力・栄養を考慮して、午後のおやつは、手作りおやつを提供しています。

10時 (0~3歳) ‥ 牛乳、昆布、チーズ、じゃこ など

15時 (0~5歳) ‥ 牛乳、手作りおやつ、果物 など

(10時のおやつは、3歳の誕生日で牛乳のみになります)

菜園について

自分たちで育てることによって、野菜嫌いが解消されたり、“旬”をしることができます。

所庭に、じゃがいも、きゅうり、枝豆、ピーマン、トマトなどを植えています。

クッキングについて

 0歳児も、葉っぱものをちぎったりして、年齢に応じた取り組みをしています。

年2回、全児童での豚汁やカレーライスを作って食べています。

行事について

すいかわり、お餅つき、ひなまつりでのお茶会など、日本の伝統行事も楽しみながら取り入れています。冬は魚屋さんに来ていただき、ブリの解体をしてもらい、魚の内蔵にも触れます。

触れて、見て、香りに誘われて食し、子ども達は五感をかいして、たくさんの経験をして、心豊かに成長していきます。

 

PAGETOP
Copyright © 社会福祉法人大和福祉会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.